PHP 7.1.24 Released

Iterable

Iterable は PHP 7.1 で導入された疑似型です。array、あるいは Traversable インターフェイスを実装したオブジェクトを 許容します。これらの型は、いずれも foreach で繰り返し可能であり、また、 ジェネレータ 内で yield from できます。

Iterable の使用

Iterable は、関数が値のセットを要求するものの、foreach とともに使うため、 値の形式は問わないことを示すパラメータ型として使用できます。値が、配列でも Traversable のインスタンスでもない場合は、 TypeError がスローされます。

例1 Iterable パラメータ型の例

<?php

function foo(iterable $iterable) {
    foreach (
$iterable as $value) {
        
// ...
    

}

?>

Iterable として宣言されたパラメータは、NULL または配列をデフォルト値 として使用できます。

例2 Iterable パラメータのデフォルト値の例

<?php

function foo(iterable $iterable = []) {
    
// ...
}

?>

Iterable は、繰り返し可能な値を関数が返すことを示すため、戻り値の型としても 使用できます。戻り値が、配列でも Traversable の インスタンスでもない場合、TypeError がスローされます。

例3 Iterable 戻り値の例

<?php

function bar(): iterable {
    return [
123];
}

?>

戻り値の型として Iterable を宣言する関数は、ジェネレータ にもなります。

例4 Iterable 戻り値のジェネレータの例

<?php

function gen(): iterable {
    
yield 1;
    
yield 2;
    
yield 3;
}

?>

Iterable 型の可変性

継承したクラス、あるいはインターフェイスを実装したクラスは、 パラメータ型に arrayTraversable を使っている メソッドを Iterable に拡張できます。また、戻り値の型を Iterable から arrayTraversable に縮小できます。

例5 Iterable 型の可変性の例

<?php

interface Example {
    public function 
method(array $array): iterable;
}

class 
ExampleImplementation implements Example {
    public function 
method(iterable $iterable): array {
        
// パラメータが拡張され、戻り値が縮小された。
    
}
}

?>

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top